MENU

診療案内

Medical

診療案内

当院では、紹介状持参の患者さんや急患の患者さんに対し当日の対応を行います。
また、遠方の方で、翌日通院が困難な場合にもご希望に沿えるよう、近医にお戻ししたり近くの宿泊施設との連携も行っております。

ご心配な点を少しでも解消し、安心な治療を受けていただきたいと思っております。

眼科一般

目の異常と一口に言っても、2通りのケースが考えられます。1つは目の病気が原因となっている場合で、「目がかすむ」や「一部によく見えないところがある」「歪んで見える」など、見え方に異常があるケースです。もう一方は、「目がかゆい」「瞼が腫れる」「目が痛い」といった、眼球自体に異常が見られるケースで、目以外の内科的な疾患が隠れている事も考えられます。いずれも重篤化する前に、検査をする事が大切です。

加齢黄斑変性

物を見る時、網膜というフィルムが、瞳孔やレンズである水晶体と中心部の硝子体を通って入ってきた光を受け止め、それを信号として視神経に伝達し、最後は脳に送られます。この一連のプロセスによって「物が見える」事になります。その網膜の中心部が、黄斑と呼ばれる組織です。加齢黄斑変性とは、加齢に伴って黄斑に障害が生じ、見えにくくなる病気です。物が歪んで見える、視野の中心が暗くなる、一部の視野に欠損が生じる、視力が低下する、といった症状があります。

レーザー治療

準備中

白内障について

白内障とは、本来透明である水晶体はタンパク質でできているのですが、そこに加齢や病気によって濁りを生じている状態をいいます。その濁りのために“すりガラスを通してものを見ている状態”となり、視力が低下したり、乱反射によってまぶしく感じたりします。白内障の原因としては、年齢と共に進行していく加齢性のものの割合がほとんどですが、中にはアトピー性疾患、糖尿病などの全身疾患、高度近視、薬物使用(ステロイド等)により比較的若い年齢で進行するものもあります。

白内障

検査・診断

  • 視力検査:視力が下がっている程度を検査します。
  • 眼圧検査:緑内障などのチェックを行います。
  • 細隙灯顕微鏡検査:白内障のタイプを調べて、進行の程度に応じて手術の難易度を見積もります。
  • 眼底検査:白内障以外に他の視力低下の原因が網膜や視神経にないかどうかをチェックします。

主にこれらの検査の結果をもとに手術の適応を決定いたします。
手術の適応は、主に仕事や生活に支障を生じている場合や運転免許更新に支障のある場合や外でまぶしくかすんで不自由を感じる場合に診察結果とあわせて考えていくようになります。

治療について

軽度で日常生活に支障がない場合には点眼薬で進行を抑えながら定期的に経過を見させて頂きます。

生活に支障があり手術適応の場合には、白内障に対する現時点での唯一有効な治療法は、手術療法です。濁った水晶体の内容を袋は残して吸引除去し、袋を磨いた後に代わりの人工眼内レンズ(IOL)を挿入する手術です。眼内レンズ(IOL)は遠近の調節能がありませんので、遠く近く両方にオートフォーカスしてピントを合わせることは出来ません。遠くか近くのピント設定でどちらかになるため、術後に眼鏡の調整が必要です。

近年、多焦点眼内レンズという眼内レンズが登場し、解像力は落ちるものの、遠方と近方の両方が見えるようになってきました。大まかな生活をされている患者さんは比較的満足されることが多いですが、細かい微細な操作をされる患者さんには物足りなかったり、夜間にハレーションをおこしたりするので、十分に相談して適応があるかを決定していきます。適応があると見たてて手術を行っても3%くらいの方に若干の不満例があるといわれています。

白内障手術を受けても、視神経や網膜など、いわばカメラのフィルムに相当する部分に異常や損傷がある場合は術後視力の向上が得られない場合があります。その場合は引き続きそれらに対する治療が必要になることもあります。

他の手術(硝子体手術や緑内障手術)と同時にこの白内障手術をすることで、将来の水晶体混濁を予防したり、眼圧下降効果の減弱を予防したりすることもあります。近視が強い場合は、近視を減らす屈折矯正目的で白内障手術をする場合もあります。

白内障の治療

手術治療の内容とその注意事項

混濁した水晶体の中身(水晶体皮質および核)を専用の装置を利用して削りながら吸い取り、水晶体嚢という袋を残してそこに眼内レンズを移植する方法が、現在一般的な白内障手術の方法です(超音波乳化吸引術(PEA)+眼内レンズ挿入術(IOL)。この方法ですと、約2.2~3.0 mmという小さな創口から手術が可能で、術後に乱視がでる可能性を非常に小さくできます。

特殊な白内障について

白内障が進行し水晶体が非常に硬くなると超音波では削り取ることが出来ないことや、超音波を眼内でたくさん使用すると角膜が濁ったり不可逆的な影響を及ぼしたりしてしまうことがあるため、安全に水晶体を摘出するために大きな傷口(約10 mm前後)を開けて中身を丸ごと取り出す方法をとることがあります。(嚢外摘出術(ECCE)。また水晶体の入れ物の袋(水晶体嚢)やそれを支えるチン氏帯(チン小帯)が弱く、これらを使用してその袋内に眼内レンズを固定するには、強度が弱く、眼内レンズを挿入できない場合は、さらに大きな傷口(約10 mm以上)を開けて袋ごとすべてを取り出す方法をとることもあります。(嚢内摘出術ICCE)手術を開始してからチン氏帯が弱いことが分かることもあり、術中に術式を変更することもあります。

術後の生活について

術後の入浴は可能ですが、術後4日間程度は洗顔や洗髪は控えてください。術後、眼をこすらないように気を付けてください。消炎剤と抗生剤の点眼薬を術後4~12週間程度使用します。

手術治療に伴う危険性とその発生率

白内障手術は現在とても完成された安全な手術となっていますが、比較的多い術後の追加処置の対象として後発白内障があります。眼内レンズを入れた水晶体嚢か混濁する状態で、術後しばらくしてから発症してきます。約1-2割で発症すると言われています。外来でYAGレーザーにより飛ばすことで治療できますので解消できるものです。

また珍しいものとはなりますが、下記のような合併症が生じることがあります。いずれも頻度は低いものですが、追加の治療や再手術が必要となることがあり、重症な場合は術前より視力が低下することもあります。

水晶体嚢を残せなかった場合や中に眼内レンズを挿入すると落下する危険性がある場合は、眼内レンズを眼内に縫い付けたり(縫着)、目の壁に埋め込んだりする (強膜内固定)場合があります。また、状況によってはより安全に手術を行うために眼内レンズを挿入せずに後日再手術を予定することや、別の矯正方法(コンタクトレンズなど)を検討する場合があります。稀に術中、術後経過によっては複数回の手術を要することもあります。

合併症

  • 破嚢や水晶体嚢の損傷
  • チン氏帯断裂
  • 術後高眼圧症
  • 角膜混濁
  • 水疱性角膜症
  • 感染
  • 眼内炎(約0.03~0,05%)水晶体落下
  • 眼内レンズ偏位・落下
  • 眼内レンズ度数ずれ
  • 駆逐性出血、眼瞼下垂
  • 複視、飛蚊症、眼瞼の腫れ
  • 手術創や縫合糸による疼痛
  • 掻痒感
  • 充血

などが生じることもあります。

日本緑内障学会の調査報告によれば、40歳以上の日本人の緑内障有病率は5%と言われており、我が国の失明原因の第一位とされています。緑内障は、眼圧が上昇する事により、視神経に障害が生ずる疾患と言われます。人間の目の中には、毛様体という組織で作られた房水という液体が循環していて、眼圧を一定の水準に保っています。眼圧は眼球の形状を適正に維持する為に機能しています。眼圧が上昇するという事は、眼球が硬くなる事であり、緑内障発症のリスクが高くなる事を意味します。

緑内障の典型的な自覚症状は、暗点という見えない点が現れる事、視野が狭くなる事です。ただ、これらの視野障害は両目で物を見ていると気付きにくく、自覚できない事が多いものです。進行すると、最悪、失明に至る危険があります。

緑内障には種類があります。原発開放隅角緑内障は、線維柱帯と呼ばれる房水の流出部位が目詰まりを起こし、眼圧が上昇するものです。

原発閉塞隅角緑内障の場合は、隅角という、線維柱帯を含めた房水の流出部位が閉塞を起こし、房水が流れなくなる疾患です。劇的な眼圧上昇を伴う事があります。

続発緑内障は全身に何らかの原因があって眼圧が上昇するものです。先天的な緑内障は発達緑内障と呼ばれます。

緑内障の検査は、眼圧検査、隅角検査、眼底検査、視野検査によって診断を下します。眼圧検査では、機械を直接目に触れさせて行う方法と、圧縮空気を吹き付ける方法が知られています。視野検査は小さな光の見え方を調べる検査で緑内障の進行度合いを判定します。

治療は、点眼薬を用いた薬物療法、房水の流れを変える為に虹彩に孔を開けるレーザー治療、房水の排出を図る手術が中心です。いずれも眼圧を下げる効果を狙うものですが、進行を食い止めるものであり、改善が望めるものではない事に留意する必要があります。

網膜剥離とは

網膜剥離は、眼球の内側に張りついている網膜に破れ目(網膜裂孔)や穴(網膜円孔)ができて、その部分から網膜が内側に剥離する病気です。網膜が剥離した部分は見えなくなり、視野狭窄や視力低下をきたします。治療せずに放置すると、最終的には網膜剥離が拡大して失明に至ります。

網膜に破れ目ができる原因としては、網膜自体が弱い体質で自然に破れる場合や、加齢の変化で眼球内にある硝子体(ゼリー状の透明な組織)がしぼんで分離する際に、網膜と硝子体にひっつきがあるとそこが牽引されることで裂孔が生じます。多くは網膜裂孔は加齢などで硝子体が分離収縮するときに飛蚊症などの症状をともない、網膜円孔は若年者などで無自覚で自然に穴が開きゆっくり進行する場合が多いです。

網膜剥離

網膜剥離の検査

眼底検査:点眼薬で瞳孔を開き,眼底の様子を調べる検査です。硝子体出血などで眼底が見えないときには超音波検査などを行います。

網膜剥離の検査

網膜剥離の治療について

網膜剥離は進行スピードに差はあっても進行することがどうしても多いので、基本的に治療は必要で、レーザー治療や手術を行うようになります。レーザー治療は裂け目の周囲をレーザー光でふさいで拡大を防ぎます。

網膜剥離の治療

手術治療には二つの方法があります。

硝子体が収縮分離していない若者型の網膜剥離にはシリコンの板や棒のような素材を剥離原因の円孔に押し込んで円孔の部分を眼球の外から凝固を追加してゆっくり固めるバックリング手術を行います。

硝子体が加齢により分離して網膜にひっかかりのある場合に、このひっかかりを分断する治療法(硝子体手術)を行います。その目的は、網膜を牽引している眼球内の硝子体を取り除き 網膜の破れ目から水か入るのを防いで網膜剥離を復位する(くっつける)ことです。

このように網膜剥離は通常自然治癒することはないため、手術が必要になります。

  • 初回手術における網膜剥離の復位(治癒)率は約90%です。
  • 破れ目が複数個存在する場合、網膜剥離の範囲が広い場合、網膜剥離が生じてから時間が経っている場合、増殖性変化を伴っている場合などでは、通常の網膜剥離に比べて治療成績が低下します。
  • 網膜剥離で低下した視力や視野欠損の回復には個人差があります。剥離の範囲が広い場合や剥離が生じてから時聞か経っている場合、増殖性変化を伴う場合などでは、視力や視野が回復しにくかったり、変視症(ゆがみ)が残ったりします。一度剥がれた網膜は、必ず障害が残るため、剥がれる範囲が少ないうちの手術を勧めます。一度の手術で網膜剥離が復位しない場合や、術後に剥離の再発をきたした場合には追手術や処置が必要になります。
  • 通常、硝子体手術は白目の部分(結膜、強膜)に眼内を照らしたり操作したりするための小さな孔を3ヶ所あけ、顕微鏡で眼内を観察しながら手術を行います。手術終了時に白目にあけた穴は、自己閉鎖または縫合して閉じます。
  • 基本的に局所麻酔で仰向けになった状態で手術をおこないます。術中に痛みがあれば、麻酔薬の追加や鎮痛剤の投与をしますので、我慢せずに口頭で伝えてください。通常当院では低濃度笑気麻酔を併用して行います。
  • 網膜裂孔に対してはレーザー光凝固術を行います。網膜の破れ目(網膜裂孔)の周囲にレーザー光凝固を行い、さらに眼内に空気とガスの混合気体やシリコーンオイル入れることで剥離した網膜を元の位置に戻します。また網膜をしっかり接着させる目的で、術後しぱらくうつ伏せや横向きなどの体位をとって頂く必要があります。空気やガスが眼内に入っている場合は、術後に自然吸収するまでしばらく見えにくい状態が続きます。完全に吸収するまでの期間は、空気の場合で約10日間、ガスの場合で約2~3週間程度です。
  • 硝子体手術後は白内障が進行しやすくなるため、同時に白内障手術を行うことがあります。
  • 術後の入浴は可能ですが、術後4日程度は洗顔や洗髪は控えてください。術後、眼をこすらないように気を付けてください。消炎剤と抗生剤の点眼薬を術後4~12週間程度使用します。
黄斑円孔術前
網膜剥離硝子体手術術前
網膜剥離硝子体手術術後 矯正視力1.2
網膜剥離硝子体手術術後 矯正視力1.2

黄斑円孔とは

眼底の網膜の中心部を黄斑と呼び、ものを見る真ん中にあたります。黄斑円孔は、黄斑の網膜に丸い穴(円孔)があく病気です。

原因は、眼の中に硝子体というコラーゲンのゼリーがあり、これが歳とともに、しぼんでいき、ある時期になると網膜から外れてしまいます。外れるときに、人によって硝子体が薄皮のように網膜上に残ることがあります。この薄皮が網膜を引っ張り、円孔をつくります。穴自体は直径0.5ミリメートルに満たないとても小さなものですが、最も視力が鋭敏な部分にできるため、大きな影響が現れます。自覚症状として視力低下、ゆがみ、中心暗点などがありますが放置すると徐々に進行してしまいます。網膜の障害が強くなると回復が困難になります。完全な穴が形成されてしまうと、視力は0.1前後になってしまいます。

黄斑円孔は手術によって、視力を取り戻せるようになっています。

手術の方法

後部の硝子体を切除し、網膜の最も内側(硝子体に近い側)にあたる内境界膜という薄い膜を剥がします。最後に眼球内部にガスを注入して終わります。術後は円孔周囲の網膜がガスで抑えつけられている間、円孔が小さくなっています。円孔中心に残っているわずかな隙間にグリア細胞という、周囲の細胞をつなぎ合わせる働きをする細胞が現れ、円孔を完全に塞いでくれます。術後しばらくは、ガスが円孔部分からずれないように、うつ伏せの姿勢を保つ必要があります。これを守らないと、再手術が必要になる確率が高くなります。手術の合併症で一番多いのは白内障です。60歳以上の患者さんなら1年以内に100パーセント近く起こります。このため多くの場合、黄斑円孔の手術と同時に白内障の手術もしてしまいます。

手術の方法

術後は入浴可能ですが術後4日間は洗顔や洗髪は控えてください。術後眼をこすらないように気を付けてください。消炎剤と抗生剤の点眼を4~8週間程度使用します。

黄斑円孔術前
黄斑円孔術前
黄斑円孔術後
黄斑円孔術後

黄斑上膜とは

眼底の網膜の中心部を黄斑と呼び、ものを見る真ん中にあたります。黄斑上膜は、黄斑の網膜に薄い膜が癒着して収縮することによって視力に影響を及ぼす病気です。

原因は、眼の中に硝子体というコラーゲンのゼリーがあり、これが歳とともに、しぼんでいき、ある時期になると網膜から外れてしまいます。外れるときに、人によって硝子体が薄皮のように網膜上に残ることがあります。この薄皮が網膜表面上で縮んできて、最も視力が鋭敏な部分にできるため、大きな影響が現れます。自覚症状として視力低下、ゆがみ、かすみなどがありますが放置すると徐々に進行してしまいます。網膜の障害が強くなると回復が困難になります。完全な皺が形成されてしまうと、視力は0.1前後になってしまいます。

黄斑上膜は手術によって、視力を取り戻せるようになっています。

手術の方法

後部の硝子体を切除し、黄斑上膜を網膜からはがします。追加で網膜の最も内側(硝子体に近い側)にあたる内境界膜という薄い膜を剥がすこともあります。。最後に網膜のしわ伸ばしとして眼球内部に空気を注入して終わることがあります。手術の合併症で一番多いのは白内障です。60歳以上の患者さんなら1年以内に100パーセント近く起こります。このため多くの場合、黄斑円孔の手術と同時に白内障の手術もしてしまいます。

術後は入浴可能ですが術後4日間は洗顔や洗髪は控えてください。術後眼をこすらないように気を付けてください。消炎剤と抗生剤の点眼を4~8週間程度使用します。

黄斑上膜手術時の写真
黄斑上膜手術時の写真

糖尿病網膜症とは

眼底には網膜という神経の膜があり、多くの毛細血管があります。糖尿病の患者さんの血液は、糖が多く固まりやすい状態になっているため、網膜の特に周辺部の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁が壊れて眼底出血をしたりします。血液の流れが悪いところが増えると増殖性糖尿病網膜症は糖尿病網膜症の最も進行した段階まで進行いたします。新生血管はつまった網膜を助けようと生えてきますが非常に脆い血管なので少しの圧変動などですぐに破れて出血を起こします。眼の中が出血(硝子体出血)すると、眼の前に霞がかかったような状態になります。

また新生血管が眼の中の水(房水)の流れ道に生えてしまうと、眼圧が上昇し、緑内障を引き起こすこともあります(血管新生緑内障)。増殖膜や硝子体皮質が黄斑を牽引すれば、牽引性黄斑浮腫(むくみ)を生じます。黄斑浮腫が中心の場合は抗VEGF製剤の硝子体注射を繰り返し行う場合があります。

黄斑部は眼の急所ともいえるところで、視力に大きな影響を持っています。糖尿病網膜症の治療には、血糖コントロールが不可欠です。単純網膜症では、血糖コントロールによって、眼底出血が改善することもあります。レーザー光凝固術は、網膜にレーザーを照射して、新生血管の発生を防ぐ方法です。また、出血や白斑も治療できます。 この治療で視力が回復するわけではありませんが、網膜症の進行を阻止することができる場合があります。

増殖糖尿病網膜症では、網膜上の増殖膜を除去することが目的で手術となる場合が多いです。さらに黄斑部の内境界膜を剥離することで、黄斑浮腫を軽減させる治療効果が増すと考えられています。

単純糖尿病網膜症
単純糖尿病網膜症
前増殖糖尿病網膜症
前増殖糖尿病網膜症
増殖糖尿病網膜症
増殖糖尿病網膜症
pagetop