MENU

日帰り手術

Surgery

日帰り緑内障手術

房水の流れを妨げている部分を切開し流路をつくって房水が流れやすくします。手術時間は約30分です。ときに手術によって視力がよくなるのではと期待される方がいらっしゃいますが、緑内障の手術は視機能を改善させるわけではなく、あくまでも眼圧を下降させて視機能の悪化を防ぐことが目的で、視力自体は多少下がってしまうことがあります。

トラベクレクトミー(線維柱帯切除術)

眼内から外(結膜下)へ房水排出のバイパスを作成することによって、眼圧を下降させようとする標準的術式です。

緑内障インプラント手術

インプラントを使用して眼圧を下降させる術式です。

トレベクロトミー(線維柱帯切開術)

房水の出口である線維柱帯を切開・再検し、房水の流出抵抗を下げて眼圧を下げようとする術式です。一部の緑内障のタイプには有効性があります。

どの緑内障手術においても、眼球の内部に小さい傷を作って、房水の通り道を操作する手術であるがために、傷が治る力によって折角手術した場所が癒着してしまう場合もしばしばあります。 白内障があれば、同時手術をする場合も多いです。

当院の緑内障手術は、日帰りです。

手術そのものは日帰りですが、安全に手術を行うためには必要な検査・診察・手術のご説明といった準備が必要です。したがって、通常、初診から手術に至るまで2回程度のご受診をお願いしております。 手術までの流れ・手術当日の流れ、また手術後の通院予定や注意点を御案内いたします。 わからない事・不安に思う事がございましたらいつでもお尋ねください。

1.初診時(初回)の診察内容
  • 基本的な眼の検査を行い、現在の眼の状態を診察いたします。
  • 緑内障の進行具合や他の眼疾患の有無などを考慮し、手術日を決めていきます。
  • 次回のご予約をお取りいたします。
ご注意点
  • 初診は予約制となります。ご予約は電話にて承っております。
  • 初診の検査、診察はお時間がかかります。ご帰宅時間のご要望にはお応え出来かねますので、ご予定のない日にご予約をお取りください。
  • 保険証・紹介状(診療情報提供書)・お薬手帳をお持ちの方は忘れずにご持参ください。
  • 緑内障手は術後の定期検診が大切です。必ずお近くの眼科から当院宛ての紹介状(診療情報提供書)をご用意してください。
  • 瞳を開く(散瞳)検査を行いますので、お車を運転してのご来院はお控えください。
2.術前2回目の診察内容
  • 手術に必要な精密検査を行います。
  • 全身状態を確認するための採血検査を行います。
  • 手術前後の生活の注意点や全身状態の問診を行います。
ご注意点
  • 手術で移植する眼内レンズの度数を決める精密検査には正確なデータが必要となります。
  • 普段、コンタクトレンズを装用されている方はご予約日の1週間前から装用を控えていただきますようお願いいたします。
  • 検査の結果を踏まえ、手術の説明や注意点・リスクのご説明をいたします。
  • 手術後の見え方(近方・遠方)の確認・最終決定をいたします。
  • 手術数日前より点眼いただく目薬を処方いたします。
3.手術当日
  • 普段飲んでいるお薬はいつも通り服用いただいて問題ありません。また、食事も普段通りで構いません。
  • 指定されたお時間にご来院ください。
  • ご体調の問診や洗顔、血圧・体温測定をいたします。
  • 散瞳薬で瞳孔を開きます。
  • 手術後の回復状態によっては、落ち着かれるまでの間、ご休憩いただきます。
  • 手術後の生活の注意事項やお薬の説明をさせていただき、ご帰宅となります。
  • 手術後は眼帯をしていただきます。歩行は可能ですが、お帰りの際には原則、お付添いが必要です。
4.手術後の主な注意事項
点眼
  • 処方された点眼薬は必ず、指示された通りに点眼してください。
  • 点眼薬は、術後の経過や症状によって変更されていきます。
食事
  • 普段通りで構いません。お酒やタバコは手術後一週間程度は控えるようにしてください。
仕事
  • 手術当日は、ゆっくりご静養ください。翌日以降、お仕事をされても構いませんが、重いものを持ったり、目を酷使するような作業は控えてください。
洗顔
  • 洗髪・お化粧は手術日含め4日間は禁止してください。
運転
  • 手術後2-3日は禁止してください。尚、運転される際には、必ず医師の許可をとってください。
5.手術後
  • 術後の経過を検査・診察いたします。
  • 経過に問題になければ、次回以降の診察は紹介元に戻っていただきます。
pagetop