MENU

日帰り硝子体手術

Surgery

日帰り硝子体手術

眼球の中にあり、レンズの役目を果たしている水晶体の直後にある組織が硝子体です。透明なゼリー状の物質でコラーゲンを成分としています。硝子体に対して施される手術全般を硝子体手術と呼んでいます。硝子体手術は網膜を守ったり、治したりする為の手術とも言えるのですが、主な適応疾患は、網膜剥離、黄斑前膜、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症などとなっています。

網膜剥離は、加齢で硝子体がしぼむ際に、網膜に癒着などがある場合に裂孔が生じ、網膜色素上皮から網膜が剥がれてしまう疾患です。黄斑前膜は、硝子体がしぼんだ際に、分離し損ねた部分に残存膜が収縮し張って、黄斑という網膜の中心部分にひずみや視力障害を生じます。加齢黄斑変性は、加齢に伴う黄斑の障害で、視野の中心部に新生血管が扁平に生えてきて、歪みや暗い部分が発生します。糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症の一つですが、血糖値の上昇に伴い網膜の血管に閉塞が起こり、閉塞部を直そうとして生えてきた新生血管が弱いため、出血や浮腫が発生し、新生血管が連結して増殖膜出来るとが手術の対象となります。

硝子体手術では、眼球の圧を保つ灌流液を注入する器具、眼球内部を照らすライト、鉗子、の3つの為の小さな孔を白目の部分に開けます。出血部分や新生血管などの切除は、硝子体カッターを用いて行います。切開創は縫合の必要はなく、自然に閉じてしまいます。術後の視力回復までの期間は半年から1年程度と言われています。

1.初診時(初回)の診察内容
  • 基本的な眼の検査を行い、現在の眼の状態を診察いたします。
  • 硝子体手術の適応があり、手術希望の方は手術日を決めていきます。
  • 次回のご予約をお取りいたします。
ご注意点
  • 手術で移植する眼内レンズの度数を決める精密検査には正確なデータが必要となります。
  • 普段、コンタクトレンズを装用されている方はご予約日の1週間前から装用を控えていただきますようお願いいたします。
2.術前2回目の診察内容
  • 手術に必要な精密検査を行います。
  • 全身状態を確認するための採血検査を行います。
  • 手術前後の生活の注意点や全身状態の問診を行います。
ご注意点
  • 手術で移植する眼内レンズの度数を決める精密検査には正確なデータが必要となります。
  • 普段、コンタクトレンズを装用されている方はご予約日の1週間前から装用を控えていただきますようお願いいたします。
3.手術当日
  • 普段飲んでいるお薬はいつも通り服用いただいて問題ありません。また、食事も普段通りで構いません。
  • 指定されたお時間にご来院ください。
  • ご体調の問診や洗顔、血圧・体温測定をいたします。
  • 手術後の回復状態によっては、落ち着かれるまでの間、ご休憩いただきます。
  • 手術後の生活の注意事項やお薬の説明をさせていただき、ご帰宅となります。
  • 手術後は眼帯をせず、保護ゴーグルを装着いただきます。歩行は可能ですが、お帰りの際には原則、お付添いが必要です。
4.手術後の主な注意事項
点眼
  • 処方された点眼薬は必ず、指示された通りに点眼してください。
  • 点眼薬は、術後の経過や症状によって変更されていきます。
食事
  • 普段通りで構いません。お酒やタバコは手術後一週間程度は控えるようにしてください。
仕事
  • 手術当日は、ゆっくりご静養ください。翌日以降、お仕事をされても構いませんが、重いものを持ったり、目を酷使するような作業は控えてください。
洗顔・洗髪・お化粧
  • 手術日含め6日間は禁止してください。
運転
  • 手術後1週間は禁止してください。尚、運転される際には、必ず医師の許可をとってください。
5.手術後
  • 術後の経過を検査・診察いたします。
  • 経過に問題になければ、次回以降の診察は紹介元に戻っていただきます。
pagetop